上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
だいぶ更新しないままになってましたがどうも、なんとか生きてます(^^ゞ
たまに絵を描いたりとかもしてます。

ここ半年ほどでいろいろあって、今ちょうど生活が、というか人生が変化する節目に来ているかもしれません(いい意味で!)
新しいことが始まるときって私は大概期待よりも不安が大きくなってしまいがちなんですが、最近はようやっと楽しめるようになってきた感じです。やることはいろいろあって大変なんだけど、なんだか充実してるなあ、とそんな気がします。



それはさておき、絵描きさんの個展というものに、先日ものすごく久しぶりにお邪魔してきました。
twitterで知った絵描きさんで、文 豆一郎さんというとても繊細で不思議な世界観の絵を描かれる方です。なかなか実物をお目にかかれずにいたので、東京という近隣にて個展ということで待ってましたー!とばかりに行ってきました^^

吉祥寺の賑やかな通りの一角の建物に入っていくと一変、静かなアパートのような部屋が並んでいて、その中の一室にたくさんの絵があり、ちょっとした隠れ家のような雰囲気。

文さんの作品はペン画なのですが、実際に見てみると本当に細かくて、細い線が数えきれないほど集まって、独特の味わいでした。絵の中に出てくる不思議なかたちの建造物や家具など、ひとつひとつにこだわりが見え隠れしていて、目で追っていると楽しい!
展示してあった絵にはちいさなお話も添えられていて、二重に楽しませていただきました^^(このお話もちょっとものがなしかったりしていいんです。。)

NCM_0764~2

お話はたくさんあったので、恥ずかしながらその場で読んだだけでは消化しきれず(笑)、画集を購入しました。
家に帰ってじっくり読んでみると、架空の世界のお話のようでありながらもすぐそばにあるような、そんな感覚をおぼえました。そう遠く感じない、親しみやすさがあるというか。お話の中のひとりひとりが生きている気配というか。上手く感想を言葉にできなくてもどかしいですが…(^^;

NCM_0762.jpg

NCM_0757~2

こちらは個展にて購入した作品のポストカード。さっそく額に入れて飾ってほくほくしています(*^^*)

ご本人に制作の裏話的なことも聞けたりしたのも、とっても楽しかったです。

その人の世界にひたれる個展っていいなあ。
私もちょっと個展をやりたくなりました!(単純)


今後どんな文さんワールドが展開されるのか、ひそかに楽しみにしているのでありました。




スポンサーサイト
2015.10.29 | アート | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。