上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
私の絵は描き始めるときにあらかたイメージが固まってしまっていて、目に見える変化があまりないため、描いてる絵の途中経過をのっけておもしろいんかなーと思ったのですが。。気まぐれでたまには載せてみます。

こちらの絵のメイキング的なものです。↓
木製B5パネルにアクリル絵の具で描いてます。

toribranco60.jpg







IMG_20141203_154741.jpg
①パネルの表面に軽くやすりをかけて、刷毛でジェッソ(下地剤)を塗ります。乾いたら、絵の背景になる色を塗ります。一度ではムラになるので、2度重ねて塗るとだいぶきれいになります。


IMG_20141203_154926.jpg
②パネルの大きさに合わせて紙に鉛筆で下絵を描きます。今回はダイレクトに描いてしまいましたが、クロッキー帳などに
描いたものを元にすることもあったり、まちまちです。


IMG_20141203_160141.jpg
③下絵の上にトレーシングペーパーを固定して、下絵を鉛筆でなぞります。ひととおり線をなぞったら、そのトレーシングペーパーをパネルの上に固定して、パネルとトレーシングペーパーの間に製図用のチャコペーパーを挟みます。その状態でトレーシングペーパーの下絵の線を、ボールペンなどで強めになぞります。


IMG_20141203_160336.jpg
④すると、パネルに下絵の線が写ります。この画像ではちょっと見えづらいですが・・・
 この下絵の線を写す段階で、微妙な位置調整ができたりするのでけっこう便利です。チャコペーパーも何回も使えるので、あると便利!


IMG_20141203_160513.jpg
⑤細めの筆で、うすーくうすーく色を塗っていきます。


IMG_20141203_160609-1.jpg
⑥色を重ねて、だんだん濃くしていきます。この絵は面積が広いところがほぼないので、太目の筆はほとんど使わずに描いてます。


IMG_20141203_160810.jpg
⑦だいぶ色が乗ってきました。



IMG_20141203_161034.jpg
⑧細かい部分を描き込んで、完成です。



・・・と、ざっとこんな感じで描いてます。
今回は慎重に下絵を写す段階を踏んだりしてますが、板とかパネルに直接描く場合にこの方法を使うことが多いです。

見ていただき、ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
2014.12.03 | 絵とか | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。