上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
ここ1年、Twitterで絵を描く人とつながったり、アートメーターで絵を買っていただいたりしているうちに、あらためて自分は絵が好きなんだなあということをすごく感じていて、絵を描くこともとても楽しいんですが、時々すごく虚しくなってどうしようもなくなるときがあります。
ちょうど何年か前もそんな感じになって、こんなことやっててなんの意味があるんだろうと思っていったん絵を描くのやめたのでした。
たぶん人から影響を受けて、もっといろんなことに挑戦してみようかなあと軽々しく思ってしまうのが原因なんだと思います。未練がましいのです。中途半端に自信があるのです、きっと。趣味として割り切れていないのです。

去年の年末にイラストコンテストみたいのに応募して、佳作をいただいて、商品の図書カードもらえてやったー!くらいに思っていたのに、応募した絵を見た方が「あなたはこんなにすごくいい絵を描くんだからもっと高みを目指すべき」ってすごい力説して私の心にどかどか入り込んできたので、私はほんとうにそうするべきなのかもしれないと思い込んでしまって、気持ちがぐちゃぐちゃにこんがらがって自分がどうしたいのかをいったん見失って、すごく気持ちを荒らされたって思いました。
それは何か月か前のことだけど、たぶんいまだに引きずっています。心が落ち着いているときは、その絵を見てくれた方は、本当に私の絵を気に入ってくれていて、善意で言ってくれたのかもしれないと思えるのですが、気持ちが不安定なときはまったく逆のように感じてしまい、その落差がありすぎて、どっと疲れてしまいます。
ほんとうに弱っちいミジンコみたいな精神ですが、それが私の正直な気持ちだから仕方ないと思っています。
幸いTwitterで優しい言葉をかけて下さる方が多くて、私はそれにとても救われているので、そういうことに感謝して、自分のどす黒い気持ちを早く忘れてしまいたいです。

吐き出し日記失礼しました。
スポンサーサイト
2014.06.20 | 日常 | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。