上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
最近持病の関節リウマチのことについて日記に書いていなかったので、久々に。。



昨日、毎月恒例の通院の日だったので行ってきました。
いつも採血して、検査結果を出してもらうのですが、「CRP」という値を見て症状の重い軽いを判断しています。この数字が0.3以下になれば、ごく普通の状態と変わらないとみなされるみたいです。

この病気になってもう4年ほど経つのですが、昨日突然、私は当事者のわりにのほほんと構えすぎていたかな、と思いまして…
夏は毎年調子が良くて、結構自分が病気だっていうの忘れてるフシがあるような(^^;)もうほとんど治ってるよ、的な。


調子がいいときはほんとにCRPの値があとひといき下がれば!というところまでいくんですが、そのぎりぎりの周辺を行ったり来たりしている状態が何年か続き、あと一息がなかなか下がりません。
日常生活ですごく困っていることはほぼないんですが…。
お風呂で髪や体も洗えるし、ペットボトルのふたも開けられるし、30分ちょっとなら歩いていることもできます。身支度もほぼ普通にできます。
でも膝にかかる負担が怖いので、走ること・正座・しゃがむことはできません(>_<)トイレも洋式じゃないと入れません。
あと、症状の一環なのか薬の副作用のせいなのか微妙なのですが、疲れやすいのは相も変わらず…疲れて動けなくなると死んだように眠って回復をはかります(^^;)

痛み止めの薬も1日2回飲んでたのを1回にしても大丈夫になったし、、、と、やっぱり油断していた気がする。
朝のこわばりが完全になくなったわけではないし、関節が熱を持っていたり曲がりにくかったりすることが完全になくなったわけではない。比較的はじめより少なくなった、というだけで。

悲観しすぎはよくないけど、楽観的すぎるのもいかんなあ、もっと自分の病気について知識を蓄えておかないと……と、病院で渡されたたくさんの薬のパンフレットを前にして、あらためて思ったのでありました。
将来の自分のために。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。