上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
昨日、めずらしく夜に散歩しました。


鬱々悶々としているときに散歩をすると、頭の中でごちゃごちゃと考えることをいつのまにかやめているから不思議。

ひたすら足を前に出し続けると、歩くことに意識が集中していき、目に入る風景に意味を持たせることもなくなっていきます。


夜に道を歩くというのは、昼間とは感覚が全然違う気がします。
暗闇の中で、信号機の光や自動販売機の光がぽつりぽつりと浮き上がって見え、すれ違う人もまばら。昼間は気にもとめない看板が光っていて目につく。木の茂みの奧は目をこらしても見えないほど暗い。(…って、何か見えちゃったら怖いからあんまりよく見ませんが)
何より、とても静かです。
家からそう離れていなくても、ちょっと知らない場所にいるような。

歩いていて思ったのは、10時くらいでも意外に犬の散歩をしてる人っているんだなってこと。


あと、夜は散歩するにはまだちょっと寒いかなってことでした(^^;)
もう少しあったかくなったらちょうど良さそうでいいな~


散歩はいい気分転換になります。
お金かからないし、ほどよい運動になるし。
心とからだが少し軽くなる気がします。
スポンサーサイト
2013.03.15 | 日常 | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。