上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
昨日、まったく久方ぶりにテレビで「美の巨人たち」を見ました。

女のひとみたいな猫の絵が、なんか気になったから。


稲垣仲静(ちゅうせい)なんて人、全然知らないです。この番組、時々マニアックな芸術家を取り上げます。

でも目のつけどころがなかなかよくて、バーンと「ほら、名画でしょ!」って感じではない、なんか気になる隠れ名所的な絵を取り上げてくれるときがあるんです。
なんというか、独特の雰囲気がある絵。
特に日本人画家。


今回の「猫」という絵は、まさにそんな感じ。

繊細でどこか物憂げで、少し妖しく美しい。目つきの印象的な、女性的な猫です。赤い座布団の上に、人間みたいにきちんと座っているし。


久しぶりに、雰囲気のある絵はいいな~って思いました。(^-^)


あんまり知られてないような画家の絵ばっかりある美術館で、お気に入りの小品を見つけてみたい、そんな気分になりました。


本物見てみたいと思ったけど、京都の美術館なんですね~
遠いな…(><;)
スポンサーサイト
2010.09.26 | アート | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。