上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
久しぶりに自分の身体のことをば。


今までのリウマトレックスという飲み薬だけでは一定ラインより先の回復が見られないので、「生物学的製剤」という種類の薬を試してみることになり、先月の終わりから、シンポニーという注射の薬を使っています。これは4週間に一度とかなりの間隔を空けて使う薬でして、病院の方に打ってもらえます。

生物学的製剤にはかなりの種類があり、点滴タイプか注射タイプとなるんですが、早く終わる注射タイプのお薬にしてもらいました(^^;)注射タイプの中でも自分で打つものとかあるんですが、自分で自分に注射するの不安なので…病院の方にやっていただくタイプのものを選びました。


この生物学的製剤は、身体の免疫機能をおさえて、変なふうに免疫機能がはたらいているせいで起きているリウマチの炎症をも抑える、という作用の薬なのだそうです。ざっと説明するとこんなかんじ。免疫というのは本来、菌やウイルスに対しての抵抗としてはたらいているものなので、免疫をおさえるということは、風邪などの感染症に対しての抵抗力が落ちる…という副作用があります。

この点が心配だったんですが、今のところ手洗いうがいをよくして、気温の変化に気をつけたりしているので、風邪などひかずに済んでいます。のどが痛くなりそうなあやしい気配がしたときはすかさずうがい!です。

何より、、、思っていたよりも薬が効いてるようでびっくりです!
朝起きてすぐに朝食の用意など行動できる、関節の痛みや腫れもぐんと減り、このあいだの検査では炎症反応の数値が発症してからのここ数年間で一番低くなっていました!(^^)すごい。

ちょっと疲れてくると肌がかゆくなったりなど多少あるんですが、本当に、いままでと比べいろいろ楽になりました。一日のうちの行動量が増えたし、元気になってる!と実感しています。
何より、いままでよりたくさん絵を描いていられるのが、とってもうれしい。最近毎日のように楽しくて、何をしようかと考えるのがもう、楽しいです。もりもり制作しています!

贅沢な毎日を過ごしているなあと思います。。



まだシンポニーは使い始めたばかりなので、副作用と体調管理にはじゅうぶん注意しつつ…楽しんで生活したいです!^^

風邪が流行る季節はこれからだし…気を付けないと!!

あ、あと、リウマチにいいらしい成分EPAが入ってるイワシの缶詰と、貧血予防の鉄分ヨーグルトを毎日食べてるのもきっといいのかもです。
スポンサーサイト
ここのところ3~4か月前に比べると、あんまり身体の調子がよくない気がします。。(-.-)

3月くらいには一人で美術館にふらっと行けるくらいだったのに、昨日渋谷のレオ=レオニ展に行って帰ってきたら、動けなくなるくらい疲れてしまいました…膝が痛くて痛くてダメでした。
展示自体はすごく良くて、見てて楽しかったんですけどね(^^;)

久しぶりの長距離移動+普段めったに近づかない人ごみとでダブルパンチをくらったようです。。街中や駅に座って休めるベンチが少ないのもつらかった。
こうなるともう帰り道は楽しかった余韻にひたる余裕などもうなくて、早く帰って休みたいという思いばかりになってしまいます…楽しみたいことは心身ともに余裕のあるときにしたほうがいいですね(苦笑)

もう少し体調がよくなるまでは遠出は控えようと思います(Τ_T)

見に行くぞ~と思ってたいくつかの展示も場合によっては諦めなくちゃならんかな…ぐすん

やっぱり渋谷はごみごみがやがやせかせかしてて好きになれません。(駅前だけかもしれないけど)みんなひっきりなしに動いているからしょっちゅうぶつかりそうになるし、場所がわからなくて立ち止まったりすると邪魔になってしまうし、、、身体が悪い人はほんとに行かないほうがいいと思った。展示見に行くとかの用がないかぎり、昔から行かない場所ではありますが。


でも、レオ=レオニ展はすごい良かった!!なごみましたよ。


以上、ほとんどただの愚痴でした。
最近持病の関節リウマチのことについて日記に書いていなかったので、久々に。。



昨日、毎月恒例の通院の日だったので行ってきました。
いつも採血して、検査結果を出してもらうのですが、「CRP」という値を見て症状の重い軽いを判断しています。この数字が0.3以下になれば、ごく普通の状態と変わらないとみなされるみたいです。

この病気になってもう4年ほど経つのですが、昨日突然、私は当事者のわりにのほほんと構えすぎていたかな、と思いまして…
夏は毎年調子が良くて、結構自分が病気だっていうの忘れてるフシがあるような(^^;)もうほとんど治ってるよ、的な。


調子がいいときはほんとにCRPの値があとひといき下がれば!というところまでいくんですが、そのぎりぎりの周辺を行ったり来たりしている状態が何年か続き、あと一息がなかなか下がりません。
日常生活ですごく困っていることはほぼないんですが…。
お風呂で髪や体も洗えるし、ペットボトルのふたも開けられるし、30分ちょっとなら歩いていることもできます。身支度もほぼ普通にできます。
でも膝にかかる負担が怖いので、走ること・正座・しゃがむことはできません(>_<)トイレも洋式じゃないと入れません。
あと、症状の一環なのか薬の副作用のせいなのか微妙なのですが、疲れやすいのは相も変わらず…疲れて動けなくなると死んだように眠って回復をはかります(^^;)

痛み止めの薬も1日2回飲んでたのを1回にしても大丈夫になったし、、、と、やっぱり油断していた気がする。
朝のこわばりが完全になくなったわけではないし、関節が熱を持っていたり曲がりにくかったりすることが完全になくなったわけではない。比較的はじめより少なくなった、というだけで。

悲観しすぎはよくないけど、楽観的すぎるのもいかんなあ、もっと自分の病気について知識を蓄えておかないと……と、病院で渡されたたくさんの薬のパンフレットを前にして、あらためて思ったのでありました。
将来の自分のために。
昨日久しぶりにかなり関節が痛くなってしまったので、無理はいけないという戒めのために、どんなふうにつらかったかメモしとこうと思います。
私は馬鹿なので、回復したらつらかったことをすぐ忘れてまた同じことやらかしてしまいかねないので…

少しの無理があとあと響いてくるという弱~い自分の身体にかなりうんざりしたり腹が立ったりもするんですが…(;_;)



・膝が痛くて曲げられない
・肩が痛くて上がらない
・下に落ちたものなど拾おうとするとつらい
・全身に疲労感とだるさ、あと寒気
・あちこちの関節が痛んで、全身カクカクしてる感じ
・気分の落ち込み

などの症状が表れました。

あー疲れが溜まるとだめなんだなあ。。ほんとに(-″-)


毎度毎度怖いのが、身体の不調と共にやってくる「気分の落ち込み」で、もう自分の意志とは関係なく涙がぼろぼろ出てきたりするので、いやだなあと思っています。
毎回そうなるので、近頃は身体の痛みと気分の落ち込みはセットでやってくるもんなのかなーと思ってきました。
勝手に涙が出てくるのは、私の身体が「涙出したい」という状態になるからだと思うので、そういうときはもうだらだらと泣いたらいいんじゃないのと思えます。涙出しとくと後でスッキリするという実感もあります。

それが体調を回復させるための流れの一部くらいに最近は思えてきたので、別に大事でもなんでもない「ふつう」のことだと自覚してるのですが、家族はそうは思ってないらしくて、どうしても心配させてしまう傾向にあります。
でも体調が悪いときは冷静にそういうことを説明できる余裕がないし、ほんとに困ってしまいます。


そういうときは一人になってゆっくり休みたいんですが、いかんせん家が狭くて自分の部屋とかないので(^^;)具合悪いのも落ち込んでるのも泣いてるのも全部筒抜け…みたいな状態にはほとほと困るときがあります。
頼りたいときはもちろんありますが、一人になりたいときになれないのは時につらいです(;_;)

そっとしといてもらいたいときに、冷静さを欠いた状態でいろいろと言われるのはしんどい…です。



ああ めんどくさい日記だなあ。



将来のこととか考えていずれ正社員として就職したいなとか頭の片隅で思ってるんですが、こんなんで働いていけるのかな…と不安になったりします。
調子がいいときはそういうこと考えずに、「このままいけるんじゃないかな?」と前向きなんですが


あ~めんどくさいな…自分。
最近、毎年こんな寒かったっけってくらい、関東寒いですね(>_<)

毎朝寒くて肩や手がちょっとこわばりぎみです…
握り拳が作れない日が多いかも、指が曲がりにくいため。
こういうときこそ無理ない程度に関節を動かさないといかんらしいです。
手をゆっくり、ぐー・ぱー、ぐー・ぱーしないと。

やっぱり冬は夏に比べて体調が悪くなるなあ…

こんなときは眠くなるのでたくさん寝ます。ぐう(ρω-)



あ~輪るピングドラムの続きがはやく観たいです。
最近のアニメっていまいち好きにならないかなと思ってたけど、この作品は違ってました。面白いです!こんなアニメはちょっと見たことないかも。
テレビではもう最終回迎えて終わってしまったようですが…。
第9話目がまるで不思議の国のアリスのようで、すっかり魅了されてしまいました。アニメはこういう表現出来るから面白いよなあ、と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。